小中高生を対象にした、いじめや自殺に関する相談受付の対策に自治体が動き出している。

 

長野県では、中高生を対象に無料アプリ「LINE」上でのいじめや自殺に関する相談受付を試験的に開始。2週間で390人から547件の相談があったという。同県の教育委員会は効果があると判断したようで、継続的な実施を目指している。

 

いっぽう神奈川県の鎌倉市。同市の教育委員会が、市のホームページでいじめ相談の受付を始めたものの、1ヵ月以上が経過しても相談がないという。

 

長野と鎌倉のこの差。

 

言わずもがな、か。

 

 

信濃毎日新聞

 

神奈川新聞