きれいな湖のほとりからヒマラヤ山脈が間近に見られるネパール中部の都市ポカラ。

そこからトレッキングにでかけて1週間ほどが経つ。

途中はときどきネパール山岳民族と出会うくらいで観光客をほとんど見かけなかった。

最後に人家をみかけてから2時間くらいしたところでふと見ると、ミシンを使っている男性がいた。

聞くところによると洋服を直す仕事をしているという。

でも、人がほとんど通らないこんな山の中で営業できているのだろうか?

不思議でたまらない・・・。