湖がきれいなネパール第二の都市ポカラまでは首都カトマンズからバスで8時間。

そこから山道を歩けば3時間ほどでダンプス村に着く。

途中、絵に描いたような農村があり、周りにはアンナプルナ、マチャプチャレなど8000メートル級の

ヒマラヤ山脈が広がる。

ネパールの人々が普通に暮らし小学校もあるここダンプスは、絶好のビューポイントでもある。

丘の上に3人の少女がいた。

カメラを向けると恥ずかしそうにしているが、異邦人に興味津々の様子だ。

当時ネパールで大流行していた歌「レッサンフィリリ」を歌ってと頼むと、快く口ずさんでくれた。

彼女たちの澄んだ美しい歌声が、ヒマラヤに響き渡った。